【大腸がんブログ6】☆祝☆退院

癌日記
スポンサーリンク

前回の記事はこちら

【大腸がんブログ5】リハビリ生活

 

☆祝☆退院

退院した!

自由だ!!

俺は自由だ!!

 

 

すいません。ちょっと先を急ぎ過ぎました。

一旦入院し直しまして手術後7日目からやり直したいと思います。

手術後7日目

すべての管が抜けた。

ドレーンも問題なかったようで抜けました。抜くときはめちゃめちゃ変な感じ。けっこう太い管でそれをお腹から引き抜くので痛くはないんだけど今まで感じたことない感覚でした。

すべての管が抜けてかなり自由を感じることができました。縛らない生活っていいね!!

そして1週間ぶりとなる風呂にいけることになりました。

すっきり!

が、ここで異変。

なんかおへそのあたりが冷たい。

見てみるとへそから出血してました。

自由になって少し動き過ぎたから傷口が開いてしまったようです。よくあることっぽいので綿みたいの詰めてテープ貼って終了。

 

食事は7分粥へとグレードアップ。おかずも魚などが出てくるようになった。さらにプリンがデザートでついてきた。市販のものに比べると美味しくはないんだけど久しぶりのスイーツだったのですごく美味しく感じた。

 

手術後8日目

予定通りいけば明日が退院日。

手術して8日間でこんなに動けるようになるとは手術した当日、翌日あたりは全然思わなかった。永遠に治らないんじゃないかと思っていた。

明日退院となると隣のおじさんのイビキに悩まされることもなくなるのか。

少し寂し・・・くはなかった。安眠できる方が普通にいいよね。

食事は普通のお粥になった。病院食って基本的に薄味なのでラーメンとかジャンクフード好きな私的にはやはり物足りない。健康にはいいんだろうけど。

退院に向けて看護婦さんからいろいろ説明を受ける。

職場に連絡をして明日退院することと職場復帰予定日を伝えた。サービス業なので立っていることが多く退院後一週間休みをいただくこととなった。有給がちょうど貯まっていたのでいい消化タイミングとなった。

☆祝☆退院

午前中の退院だったので朝ご飯を食べて少ししたら退院の準備をしなくてはならない。

といってもこちらは荷物をまとめて着替えるだけなのでそんなに時間はかからない。会計の計算がけっこう時間がかかるらしく1時間くらいかかった。ようやく終わったらしくいよいよ退院。同じ病室の方に挨拶をして1Fの受付へ向かう。

 

お会計

¥503,010-

庶民でかつ入院なんてしたことなかったわたしは相場を全く知らなかったのでかなりびっくりした。

しかも3割負担でこの金額!?とりあえずクレジットカードで払っておいた。

結局、高額療養費制度で自己負担は16万円ほどで済みました。なお支払いが厳しい場合は事前に申請することも可能です。

詳しい説明はコチラ

医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証をご利用ください。

医療機関等の窓口でのお支払いが高額な負担となった場合は、あとから申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される「高額療養費制度」があります。
しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。

「限度額適用認定証」を保険証と併せて医療機関等の窓口(※1)に提示すると、1ヵ月 (1日から月末まで)の窓口でのお支払いが自己負担限度額まで(※2)となります。

※1 保険医療機関(入院・外来別)、保険薬局等それぞれでの取扱いとなります。
※2 同月に入院や外来など複数受診がある場合は、高額療養費の申請が必要となることがあります。保険外負担分(差額ベッド代など)や、入院時の食事負担額等は対象外となります。

70歳以上75歳未満の方の限度額適用認定証について

平成30年8月診療分から、70歳以上の方のうち、所得区分が現役並みⅠ、現役並みⅡの方は健康保険証、高齢受給者証、限度額適用認定証の3点を医療機関窓口に提示することで自己負担限度額までの支払いとなります。所得区分が一般、現役並みⅢの方は、健康保険証、高齢受給者証を医療機関窓口に提示することで自己負担限度額までの支払いとなります。(所得区分が一般、現役並みⅢの方は、限度額適用認定証は発行されません。)

提出していただく書類等

  • 健康保険限度額適用認定申請書
  • 健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書

引用元:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151/

所得区分に応じた自己負担限度額

 所得区分  自己負担限度額
①標準報酬月額83万円以上の方
(報酬月額81万円以上の方)
 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
②標準報酬月額53万~79万円の方
(報酬月額51万5千円以上~81万円未満の方)
 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
③標準報酬月額28万~50万円の方
(報酬月額27万円以上~51万5千円未満の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
④標準報酬月額26万円以下の方
(報酬月額27万円未満の方)
 57,600円
⑤低所得者
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
 35,400円

収入によって支払い限度額は変わってくるのですが私の場合は上の表の③に該当したため自己負担額は9万円ほどでした。支払いは16万円だったのですが残りの7万円は保険適用外の差額ベッド代とオムツ代でした。

母親と妹が迎えにきてくれていたのでタクシーに乗り自宅へ帰りました。

退院という名の自由

外に出た時はすごく嬉しかったです。たかだか二週間だけど入院中は窓から外の様子を眺めることしかできなかったので。

自宅につき母親と妹は大丈夫だからと伝え2時間ほどで帰宅。お医者さんからは特に食事制限はないと聞いていたので早速ご飯を食べに向かう。ただし退院したとはいえまだお腹のキズの痛みは多少残っており走ったりはできないので近所のお蕎麦屋さんへと向かった。

最高に美味しかったであります。

退院後、最初に食べる食事じゃないことは重々承知です。

お母さんにLINEしたらめっちゃ怒られました(笑)

ただどうしても揚げ物とかそういうものが食べたくなっちゃって!

禁煙効果や長らくこういったものを食べてなかったのもあって最高に美味しかったです。

多分、胃と腸はこんなものがいきなりくるとは予想してなかったらしく食べてちょっとしたらお腹痛くなりました(笑)たいしたことなかったんでよかったですけど、油ものとかは控えて少しずつ食べていくのが正解みたいです。

それから外が楽しくてけっこう買い物とか出歩いていたんですが・・・

退院して2日後再び

ヘソから出血

ひとまずガーゼとテープを購入して応急処置。

病院に連絡してヘソから出血した旨を伝えると来てくださいとのことだったので向かう。

見てもらった結果は少し膿んでるので触らないようにと。ひどくなったらヘソまた切るらしい・・・。それは嫌だったので清潔にそして出歩き過ぎないよう安静にしておりました。

それでも2週間くらいは治らずガーゼをテープでとめて日々生活してました。


今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました